デザイン性を高めるために情報を少なくしてみる

「この情報も入れたい」

「ここをもっと目立たせたい」

「地図も入れた方がわりやすいかな」

「QRコードもいれようかな」

「金額もすべてに入れた方が親切かな」など

広告を作る時に悩まれる方は多いと思います

色々考えていくうちにドンドン「ここも!ここも!」という風にどうしても情報が増えてしまう。「商品を知ってもらいたい」「見てもらいたい」ために広告をつくるので当たり前のことではあります

あえて情報を抑えたほうが興味を持ってもらえるかもしれません

チラシでもポスターでもHPでも限られたスペースの中で

「可愛い」「キレイ」「格好いい」などの印象をもってもらいたいのであれば

勇気を持って情報を少なくした方が

デザイン性は確実に高まります※情報が多すぎるとデザインがとれない

スマートフォンが普及し10年以上がたった今、多くの人が事前に興味のある商品や店舗を検索し、商品知識がある状態で入店される。だからこそ第一印象の広告はデザイン性がある広告にしてみるのもオススメです!

さかい

地下鉄中吊り Garden city Eniwa ポスター